手術後の注意点

リスクを低減するための注意点

手術自体もリスクがゼロではありません。手術後には痛みや出血、めまいや頭痛などの不快な症状が現れる可能性があります。手術後に起こる可能性がある症状や合併症は、事前に正しい知識を得て適切に過ごすことでリスクを低減できます。当院では事前診察の際にリスクを低減させるための注意点をわかりやすくお伝えしています。

ご帰宅に関するご注意

ご帰宅に関するご注意手術後、当日の運転(自動車・バイク・自転車)は厳禁です。公共交通機関を利用されるか、ご家族などの送迎でご帰宅ください。

手術後に現れる可能性がある症状

痛み

手術後、数時間で痛みは軽い生理痛程度に治まっていきます。ただし痛みの程度や期間には個人差があり、数日から1週間くらい痛みが続くこともあります。普段の生理痛が強い方、強く屈曲した子宮形状の方は痛みが起こりやすい傾向があります。
こうした痛みは妊娠して膨れた子宮が手術によって元の大きさに戻ろうと収縮することで起こります。いわば、痛みは正常に回復しているサインでもあります。ただし、痛みが強いと回復を遅らせてしまう可能性がありますので、手術後、麻酔から覚めた段階で強い痛みがある場合には鎮痛剤を使用しています。ご帰宅後の疼痛管理には痛み止めを処方しています。ほとんどは翌日には痛み止めの服用が必要ない程度に痛みが改善します。

出血

当院では出血リスクの少ない掻把法/吸引法併用による手術を行っています。短時間で子宮内部をきれいにできるため早い回復が期待でき、出血が起こった場合もほとんどは少量ですみます。手術後は生理の時のような出血がある場合でも、1~2週間で徐々に減っていきます。出血の程度は個人差が大きく、おりもの程度の場合から生理2日目程度の出血があるというケースまであります。数日経過後も血のかたまりが出る、2週間以上経過してもおりものに少量の血液が混ざる場合もありますが、出血量が多い場合も数日で減少に向かいます。ただし、出血量が多い状態が続く場合は、早めにご相談ください。

ぼんやりする

手術当日は、麻酔の影響が残ってぼんやりする、集中できない状態がしばらく続きます。ご帰宅して安静に過ごし、睡眠をしっかりとれば翌朝にはすっきり治まっています。翌朝以降もぼんやりする状態が続くようでしたらすぐにご相談ください。

めまい、頭痛

麻酔の効果が高く出る方で、術後、稀にめまいを起こすことがあります。めまいが起こった場合も、麻酔から覚醒して30分ほどでめまいは解消に向かいます。その際に睡眠をとることで早い回復が見込めます。めまいがある間は一人で歩くのは危険です。手術後病室でお休みいただいている間にめまいを感じるようでしたら、必ずスタッフにお申し出ください。

吐き気、嘔吐

通常の麻酔薬は吐き気や嘔吐を起こしやすいのですが、当院では吐き気や嘔吐を起こしにくい麻酔薬を用いているため、それほど頻度は高くありません。さらに、術後点滴にも吐き気止めが処方されているため、当院の手術では術後の吐き気が起こることはほとんどありません。吐き気は麻酔効果が高い方に起こりやすく、手術後30分程度で改善に向かいます。なお、吐き気がある場合、それが治まってから術後の飲食をするようにしてください。

手術のリスク

中絶手術では、下記のような合併症が起こる可能性があります。当院では今まで重篤な合併症が起きたことはありません。安全面に考慮し、丁寧に手術を行います。

  • 繊毛遺残
  • 出血
  • 子宮頚管損傷
  • 子宮穿孔
  • 感染症
TEL:047-378-5520
TOPへ